道路

[大阪]阪神高速大和川線三宝JCT~松原JCT|2020年3月開通!効果や場所|インターチェンジ

大阪府、堺市、阪神高速道路株式会社がかねてから工事を進めていました、阪神高速6号大和川線「鉄砲インターチェンジ(IC)」~「三宅西IC」間が3月29日開通します。

ほぼ全区間地下トンネルになります。

これにより松原ジャンクション(JCT)~三宝JCT間全線開通し、西名阪自動車道~阪神高速湾岸線間が直結し、大阪市内の1号環状線を経由せずに接続されます。

この区間は大阪都心部における新たな環状道路「大阪都市再生環状道路」の一部を構成します。

三宝JCT~鉄砲IC、三宅西IC~三宝JCTは開通済です。

阪神高速6号大和川線

開通日時

2020年(令和2年)3月29日16:00

開通区間

鉄砲IC~三宅西IC間 7.7km

大和川線路線図(阪神高速HPより)

新設出入り口と接続道路、商業施設

鉄砲東出入口(国道26号) イオンモール堺鉄砲町

常磐出入口(あびこ筋、ときはま線) イオンモール北花田

天美出入口(大阪狭山線、国道309号方面) セブンパーク天美

三宅西出入口(大阪狭山線、堺方面) セブンパーク天美

新設出入り口の概要図

料金

三宝JCT~松原JCT ETC640円 現金1320円

鉄砲出入口~天美出入口 ETC460円 現金1320円

開通効果

堺市と松原市を東西に結ぶ同区間の開通では、大堀堺線などの幹線道路に集中しており、慢性的な渋滞が発生しています。開通により堺浜~松原JCT間は一般道経由で約45分を要するところ、大和川線を利用することで約16分へと大幅に短縮されます。

また、神戸方面~大阪南東部・奈良方面、大阪北部・京都方面~関空方面を1号環状線を経由せずに迂回できるようになり、大阪中心部の高速道路の渋滞緩和も期待されています。

奈良県内の製造業が集中する西名阪高速道路沿線地域と阪神港との間のアクセスが向上するなど、物流効率化の支援が期待されます。

大和川線の開通に伴い、沿線に大型商業施設もオープンしています。(イオンモール堺鉄砲町、セブンパーク天美)

整備効果

RELATED POST