ろぶの朱印帳3冊目

楽しいこと美味しいものを中心に、日常的または非日常的な風景をこの朱印帳に書き留めています

神社仏閣 花見

[関西]京都梅の名所2018梅まつり、開花、見頃、おすすめ、アクセス

投稿日:02/28/2018 更新日:

春の訪れを伝える花、梅も見ごろの季節になってきました。

梅の名所と呼ばれるところは日本各地にありますが、やはり京都でみる梅はロケーションも含めて格別なものです。

京都おすすめの梅の名所での開花や見頃、種類、アクセス、駐車場、梅まつりの時期など紹介いたします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

北野天満宮

菅原道真公ゆかりの梅50種約1500本があり、開花時期には約2万坪の境内一円で紅白の梅が咲き競います。

早咲きの梅は例年12月中旬頃からつぼみがふくらみ始め、正月明けから開花。
徐々に咲き繋ぎ、3月末頃まで長く楽しめます。

 

見ごろ

2月下旬~3月下旬

 

種類

照水梅、和魂梅、黒梅、座論梅、白梅、紅梅、一重、八重ほか1500本

 

梅苑

公開時間:10時~16時まで

入場料[茶菓子付]

大人 700円 (中学生以上)こども 350円

30名以上1割引 (但し25日・土・日曜・祝日を除く)
身体障害者割引 大人350円・こども175円

黒梅

 

アクセス

京都市上京区馬喰町

電車

JR「京都駅」より市バス50・101系統
JR・地下鉄「二条駅」より市バス55系統
JR「円町駅」より203系統
地下鉄「今出川駅」より市バス51・102・203系統
京阪「出町柳駅」より市バス102・203系統
京阪「三条駅」より市バス10系統
阪急「大宮駅」より市バス55系統
阪急「西院駅」より市バス203系統
京福電車北野線「北野白梅町駅」より徒歩5分
いずれも北野天満宮前下車すぐ

 

名神高速道路南インター又は東インターより約30分

参拝専用駐車場あり

 

 

城南宮

都の南に国を守護する神社、方除・厄除の神と仰がれています。

神苑の楽水苑「春の山」に紅・白のしだれ梅が約150本咲きはじめます。

 

見頃

2月下旬~3月上旬

 

種類

しだれ梅 約150本

 

しだれ梅と椿まつり

期間:2018年2月18日(日)~3月22日(木) 10時(土日祝は10時と15時)

内容:梅の花を冠にさした巫女が、梅の枝を手に持ち神楽を舞います。

神苑拝観料:

大人 600円 小・中学生 400円 障害者手帳を提示の方300円
*団体20名以上の場合 大人 500円、小・中学生 300円

 

御朱印

「しだれ梅」をあしらった友禅和紙を装丁した季節の朱印帳の取り扱いがあります。平成30年の「しだれ梅」の朱印帳は、1月1日より授与しています。

 

アクセス

京都府京都市伏見区中島鳥羽離宮町7

 

電車

近鉄・地下鉄「竹田駅」徒歩15分、市バス5分「城南宮東口」下車徒歩約3分

JR「京都駅」八条口より市バス19系15分・らくなんエクスプレス22分

 

名神高速京都南ICから国道1号経由0.2km3分

駐車場200台無料

 

 

梅宮大社

桂川の東岸にあり、子授け・安産の神として尊ばれ、本殿東のまたげ石をまたいだり、産砂を受ける風習がある。

神苑には、梅、桜、霧島つつじ、杜若、花菖蒲、紫陽花など四季折々の花が境内を彩っています。

 

見頃

2月中旬~3月中旬

 

種類

冬至梅、寒紅梅、大盃、おもいのまま、道しるべ、白牡丹、玉牡丹、春日野、加賀白梅、香篆、緑がく、楊貴妃、藤牡丹しだれ、見驚など35品種、約450本

 

梅産祭

2018年3月4日(日) 9時30分より16時30分まで

梅が見ごろを迎える3月第1日曜日には子授けと安産、諸々の産業繁栄を祈願し、行事として神酒および神苑の梅より造った梅ジュースがふるまわれます。

 

アクセス

京都府京都市右京区梅津フケノ川町30

 

電車

阪急嵐山線「松尾大社駅」から徒歩15分

JR「京都駅」から市バス28、71系統約40分

 

名神高速京都南ICから国道1号、162号、171号経由10km30分

 

 

青谷梅林

京都府トップの梅の生産量を誇る青谷梅林

後醍醐天皇の皇子である宗良(むねなが)親王が「風かよふ 綴喜の里の 梅が香を 空にへだつる 中垣ぞなし」と詠んだほど古くから梅の名所として知られている。

約50軒の農家が約20ヘクタールの面積におよそ1万本もの梅を栽培しています。

 

見頃

2月下旬~3月下旬

 

種類

城州白、白加賀、小梅(オタフク・ダルマ)など 約1万本

 

青谷梅林 梅まつり

「春は城陽から」をキャッチフレーズに梅まつりが開催されます。

期間中は生産梅林に自由に立ち入ることができるエリアも設けられ、ゆっくりと梅見が楽しめる。

梅製品や特産品、軽飲食の屋台なども並び、期間中はウォークイベント、コンサート、紙芝居、舞踊などさまざまな行事も予定されています。

開催日時:2018年2月24日(土)~3月18日(日)9時~15時

 

 

アクセス

京都府城陽市中中ノ郷

 

電車

JR「山城青谷駅」徒歩20分

 

京奈和道城陽ICから国道24号経由5km15分

駐車場

約100台(乗用車500円、バイク100円、大型バス1,000円、各1日)

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

]

-, 神社仏閣, 花見
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

[京都]花の寺、三室戸寺つつじ・しゃくなげ園の開園情報とアクセス、あじさいと周辺の観光

京都を代表する花の寺、「三室戸寺」 2万株のつつじ、1千株のしゃくなげ(石楠花)の美しさは近畿随一です。 4月末から、つつじ、しゃくなげが見ごろになります。 ※ 2018年(平成30年)は4月21日( …

「蔵出しワインバーin大阪」2018ワイナリー、飲食ブースの店舗、日程

甲府で毎年開催されている「蔵出しワインバー」が2017年大阪で初めて開催され、大盛況のうちに終わりました。 今年も既に開催は決定しております。 ワイナリー、フードなど詳細がわかり次第更新いたします。 …

[奈良]ライトアッププロムナードなら2018の実施建造物と散策プラン

夏の70日間、1300年の歴史を感じる世界遺産や歴史的建造物を幻想的にライトアップします。古都の宵をぶらりと散策しながら、いにしえの夜に想いを馳せて下さい。 春日大社一の鳥居、興福寺五重塔、東大寺大仏 …

[奈良]興福寺国宝館、耐震化工事が終わり元旦にリニューアルオープン

奈良市の興福寺で28日、国宝館が1年間の耐震改修工事を終え、関係者に公開されました。 阿修羅像を含む八部衆立像(奈良時代)など奈良、平安、鎌倉各期の仏像や名品、国宝10件と、重文8件を展示しています。 …

「阿修羅と快慶」奈良公園界隈で開催中の仏像展、アクセス

奈良公園界隈で今しか観れない仏像展   スポンサーリンク スポンサーリンク   目次-Contents-興福寺阿修羅 天平乾漆群像展国宝 仏頭 東金堂特別安置奈良国立博物館特別展  …