ろぶの朱印帳3冊目

楽しいこと美味しいものを中心に、日常的または非日常的な風景をこの朱印帳に書き留めています

ラーメン

「一蘭」博多を代表する人気ラーメン店の味集中カウンターと記入式オーダーシステム

投稿日:04/08/2017 更新日:

博多とんこつを代表する人気ラーメン店「一蘭」

一蘭ではメニューを多様化せず「天然とんこつラーメン」一本に絞り込んでいます。

40人以上もの専属職人が研究と情熱の全てをとんこつラーメンに注ぎ、日夜研究し続けているようです。

 

 

一蘭

一蘭 八尾店 2017年4月6日オープン

 

オープン日にさっそく行ってきました

14時前なのに、36台停めれる駐車場はほぼ満車

店の前には20人の列が出来ていて、みなさんの期待の表れでしょう

 

 

メニューポスターなどを見ながら並びます

ラーメンの種類は1種類、あとはトッピング、つまみなどです

 

 

待つこと30分ようやく入店、入り口の券売機で食券を買い、中待合でしばらく待ちます。

数分後席に案内されました

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

一蘭2つの特徴

ラーメンの前に、ここで一蘭自慢の2つの特徴を

 

一蘭の特徴1

「味集中カウンター」

間仕切りが外せる店もありましたが、こちらは固定されていました

 

 

 

一蘭の特徴2

「記入式オーダーシステム」

味の濃さ(タレ)、こってり(脂)、にんにくの有無、ねぎ(白か青かなし)、チャーシューの有無、秘伝のタレ(赤いタレ)、麺のかたさ

を、自由に選べます。

替玉を予定していたので、タレを濃い目にしました。

ラーメンが出来上がるまで、側面のポスターを見ながら待ちます。

替玉、トッピングは後から現金でも追加できます。

 

 

ラーメン

おまたせしました!

 

 

数分後、お待ちかねのラーメンが出てきました

具はチャーシュー、ネギ

まずスープを、臭みのないスープに濃いめのタレが合わさって、しっかりとした味わい

固さ普通の麺にもしっかり絡みます

秘伝のタレを溶かすと、ピリッと辛さが出て味が非常に締まります

 

 

替玉

 

 

替玉は卓上にあった箸袋を使って注文します

備え付けのペンで丸をつけ、奥にある呼び鈴を押すとすぐに店員が注文を取りにきます

食券が無ければ現金で支払います

券売機では替玉を悩んでいたので、現金にて支払いました

麺のかたさは「かため」で

かためは少しパキポキ感が出てこちらも好みです

美味しくいただきました

 

 

まとめ

帰りも10人ぐらい並んでいるのを見て、周りにチェーン系が多い八尾でも人気が出そうに感じました

ラーメン790円、替玉190円と価格設定は少し高めです

待っている間「記入式オーダーシステム」で楽しめます

初めての方が秘伝のタレを知らずに多めで頼んで、スープを飲んでむせているのをよく見ます

 

 

 

一蘭 八尾店

大阪府八尾市東町1丁目5

072-924-2211

10:00~23:00 無休

http://ichiran.com/

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

]

-ラーメン
-, , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

1年ぶり大阪に帰ってきた、人気の桂花ラーメン「太肉麺」を食べてきました

4月27日から5月3日まで京阪百貨店守口店催事場にて開催されていた、「九州うまいものと物産展」に熊本ラーメンを代表するラーメン店、「桂花ラーメン」が出店されていたので、食べに行きました。 昨年の上本町 …

[東京]環七「土佐っ子ラーメン」伝説の背脂チャッチャ系ラーメン(保存)

環七沿いでかつての人気ラーメン店「土佐っ子ラーメン」についてまとめた記事を見つけたので保存用に書き留めます。 スポンサーリンク スポンサーリンク     目次-Contents-土 …

青森「長尾中華そば」4年ぶり大阪に出店「こく煮干し」裏メニュー「ごくにぼ」も

10月18日から24日まで阪神百貨店梅田本店で開催されていた「阪神の東北6県物産展」に、青森県の人気ラーメン店「長尾中華そば」が出店したので食べに行きました。 前回は同じく阪神百貨店梅田本店での東北物 …

関西ラーメンダービー2018!おすすめ店とメニュー、アクセス、日程、ランキング

  2018年で6回目を迎える、大人気のラーメンイベント「関西ラーメンダービー2018」、今回も京都競馬場で開催されます! 出走するラーメン店が発表されました! 関西を中心に全国の名店が集ま …

「中華そば ぬんぽこ」天六裏通りで復活したラーメン店、メニュー、場所は?

5年くらい前、天六レンガ通りにある人気海鮮居酒屋「MUSH-UP」を経営している店主が、空いている昼時間を利用して中華そばを提供していた、伝説の二毛作ラーメン「ぬんぽこ」。 その「ぬんぽこ」が「MUS …