[京都]厳選!紅葉の名所寺院2021|穴場や絶景スポット、見頃、アクセス

古都「京都」には美しい紅葉スポットが多数あり、紅葉の季節は京都市内どこも大変混雑します。

有名な名所もありますが、いちどはみて欲しい穴場スポットもあります。

京都の厳選した紅葉名所の見頃、アクセス、ライトアップ、予約の有無などをご紹介します!

毘沙門堂門跡 びしゃもんどうもんぜき

山科にある毘沙門天を祀る天台宗の門跡寺院。

秋、檜皮葺の勅使門へと至る長い参道を赤く染めつくす散紅葉の絨毯が有名。

池泉式庭園の「晩翠園」、本堂や宸殿一帯など境内全域が濃淡の緋色に染まる。ドウダンツツジの朱赤も彩りを添え、山寺の鄙びた風情をいっそう引き立てます。

見頃 :11月中旬~12月上旬

時間 :8:30~17:00  ※12月~2月末は16:30閉門

入山料 :500円

住所 :京都市山科区安朱稲荷山町18

アクセス 

電車 :JR山科駅より徒歩20分

車 :名神京都東ICより5分 駐車場20台

瑠璃光院 るりこういん

春・秋2ヶ月だけの公開

比叡山の麓、平安時代から貴族や武士に安らぎの郷として愛されてきた八瀬の地にある、自然を借景とした名庭は日本情緒にあふれ多くの人々に親しまれてきました。

書院にすわりながら机に反射する瑠璃の庭の「机紅葉」を楽しめます。

※10月30日~12月5日は完全予約制となっています。

拝観期間:10月1日(火)~12月12日(火)

見頃 :11月上旬~12月上旬

時間 :10:00~17:00

入山料 :2,000円

住所 :京都市左京区上高野東山55

アクセス 

電車 :叡山電鉄「八瀬比叡山口駅」下車 徒歩5分

車 :駐車場なし

善峰寺 よしみねでら

西山の山の中腹に位置し、境内全体が見事に紅葉する。樹齢600年の天然記念物、遊龍の松の緑と紅葉のコントラストが美しい。

京都市内が一望できる眺めも素晴らしい。

「三都物語」のCMにも起用されるほどの美しさは一見の価値あり。

見頃 :11月中旬~12月上旬

時間 :8:00~17:00(受付終了16:45)

入山料 :大人500円・中高生400円・小学生300円

住所 :京都市西京区大原野小塩町1372

アクセス 

電車 :阪急電鉄「東向日駅」から阪急バス「善峯寺」下車徒歩約8分、

JR東海道本線「向日町駅」下車タクシー約20分

車 :京都縦貫自動車道大原野IC、沓掛ICから約20分 駐車場150台 500円

圓光寺 えんこうじ

京都市内の紅葉名所のひとつ。「紅葉の園光寺」

臨済宗南禅寺派の寺で、苔と紅葉、竹林の名所として名高く、裏山の展望台からは全山の紅葉が見られる。

山門を入ると枯山水の「奔龍庭」が、書院前には紅葉と杉苔が美しい「十牛之庭」がある。秋が深まると赤や黄に色づいたカエデが鮮やかに庭園を彩り、庭いっぱいに彩られる紅葉の落ち葉は見事です。

※2021年11月12日~12月5日の紅葉特別拝観は完全予約制となっています。

見頃 :11月中旬~12月上旬

時間 :9:00~17:00

入山料 :大人500円・中高生400円・小学生300円

住所 :京都市左京区一乗寺小谷町13

アクセス 

電車 :叡山電鉄一乗寺駅から徒歩15分

バス :市バス5系統岩倉操車場前行き「一乗寺下り松下車」徒歩10分

車 :駐車場30台 無料 11月は駐車場使用禁止

天授庵 てんじゅあん

南禅寺塔頭。枯山水と池泉回遊式のふたつのお庭で、趣ある紅葉を楽めるのが魅力。枯山水の庭園をモミジが色鮮やかに彩る。

夜間ライトアップも実施されるので、昼と夜、異なった景色を味わえます。

見頃 :11月中旬~12月上旬

時間 :9:00~16:30(16:10受付終了)

入山料 :500円

住所 :京都市左京区南禅寺福地町86-8

アクセス 

電車 :地下鉄東西線「蹴上駅」下車徒歩約10分

車 :三条通り蹴上交差点からすぐ 南禅寺駐車場利用

宝厳院 ほうごんいん

京都屈指の景勝地、嵐山にほど近い天龍寺の塔頭寺院で、秋に特別公開される紅葉の名所。

紅葉色に染まる広大な敷地の回遊式枯山水庭園は策彦周良禅師の作で、「獅子吼の庭」と呼ばれていて、江戸時代の『都林泉名勝図会』にも掲載された名庭。

庭園内に横たわる巨岩「獅子岩」は目を凝らすと獅子の姿が浮かんできます。

嵐山界隈は紅葉の時期にはかなり渋滞します。

拝観期間:10月9日(土)~12月5日(日)

11月13日からは夜間拝観(20:30閉門)大人600円

見頃 :11月下旬~12月上旬

時間 :9:00~17:00

入山料 :500円、抹茶500円

住所 :京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町36

アクセス 

電車 :京福電気鉄道「嵐山駅」下車徒歩3分、JR山陰本線(嵯峨野線)「嵯峨嵐山駅」下車徒歩約15分

バス :市バス「嵐山天龍寺前」下車徒歩約5分

車 :天龍寺駐車場 1000円/1日(17:30まで) 

秋の夜間特別拝観

開催期間:11月9日(金)~12月6日(日)

拝観時間:17時30分~午後20時30分閉門
※受付終了:(本堂)午後8時(庭園)午後8時15分
拝観志納料(庭園):大人600円・小中学生300円

※11月21日(土)、11月28日(土)の2日間は午後6時開始

宝厳院本堂特別公開:
別途志納料(大人500円・小中学生300円)が必要

岩倉実相院門跡 いわくらじっそんいんもんぜき

岩倉門跡や岩倉御殿、とも呼ばれる古き寺院。もとは天台宗寺門派の門跡寺院。

趣きの違う2つの庭、裏山の景色と溶け込んだ日々表情を変える素晴らしい庭です。

見所は滝の間、丁寧に磨き上げられた黒い床が映す紅葉風景「床もみじ」

見頃 :11月中旬~12月上旬

時間 :9:00~17:00

入山料 :大人500円、小中学生250円

住所 :京都市左京区岩倉上蔵町121

アクセス 

電車 :叡山電鉄「岩倉駅」下車徒歩20分

京都地下鉄烏丸線国際会館駅下車後、京都バス24系統岩倉実相院行「岩倉実相院」

車 :駐車場数台分(11月15日~12月3日前後の紅葉で混雑する時期はご利用できません)

雲龍院 うんりゅういん

穴場中の穴場。泉涌寺の山内の一番奥、別院の雲龍院。

蓮華の間にある色紙の窓は、座布団1枚置かれているところから、椿、灯籠、楓、松が4幅の掛け物のように景色を切り取っています。

休日は混雑しますが、平日なら時間によってはかなり静かに過ごすことができます。

見頃 :11月中旬~12月上旬

時間 :午前9時〜午後5時(午後430分受付終了)

入山料 :400円

住所 :京都市東山区泉涌寺山内町36

アクセス

電車 :JR奈良線 「東福寺駅」下車 徒歩30分

阪急「河原町駅」京阪「祇園四条駅」JR「京都駅」八条口から市バス207系統「泉涌寺道」下車 拝観入口徒歩15分

車 :東山通から泉涌寺道へ「泉涌寺駐車場」利用 30台 無料

紅葉ライトアップ

未定

白龍園 はくりゅうえん

1日100人限定の白龍園はこちらに詳しく書いています

京都[白龍園]1日100人限定!2021年紅葉の穴場の観覧券や事前予約、アクセス紅葉の名所がひしめく京都は、シーズン中はどこへ行っても混雑ばかり。 そんな中、1日100人限定での公開で、じっくりと贅沢に紅葉を味わえ...

番外 叡山電車 えいざんでんしゃ

叡山電車は出町柳駅から八瀬・鞍馬方面まで、山裾を縫うように走る列車。

秋には線路両側にある真紅のモミジを間近で見ることができ迫力満点。

2018年台風21号で被災した路線も復旧しました。

「貴船もみじ灯篭」期間中は、ライトアップされた「もみじのトンネル」を通過する際に車内を消灯してゆっくり走行してくれるので、まるで幽玄の世界に誘われていくような気分に。

二ノ瀬駅の紅葉は報道ステーションで中継されるほど有名です。

最後に

見ごろは10月上旬まで暖かかったのもあり、11月下旬あたりになりそうです。

書いているうちにどんどん増えて行くくらい、京都の紅葉は魅力があります。

京都で有名な景勝地の紅葉は素晴らしいですが、あまり知られていないですが、負けないくらいの絶景をご紹介しました。

関連記事

[関西]寺院の紅葉スポット2021|綺麗でおすすめの寺|見ごろ、ライトアップ|アクセス、駐車場関西はいよいよ秋も深まり木々も色付きはじめる季節になってきました。 秋と言えば、読書、スポーツ、食べもの、、、いろいろありますが、やっ...
御朱印帳の使い方!初心者でもわかるマナー、意味、寺社で人気の朱印帳「ろぶの朱印帳 3冊目」と名乗って、ときおり神社仏閣の情報を発信しておりますが、その名のとおり神社仏閣が好きなので、時間があればよくお参...
西国三十三所草創1300年記念特別拝観|2021年限定御朱印、月参り巡礼、スイーツ巡礼2016年から2020年まで5年間にわたり、西国三十三所各札所では、普段は非公開のお堂や諸尊のご開帳、および庭の公開や寺宝の観覧などを行...
RELATED POST