ろぶの朱印帳3冊目

美味しいもの楽しいことを中心に、日常的または非日常的な風景を朱印帳に書き留めています

鉄道

[Osaka Metro]大阪市営地下鉄の新会社、大阪メトロの愛称とロゴが決定

投稿日:01/25/2018 更新日:

大阪市交通局は2018年(平成30)1月25日(木)、地下鉄の新会社である大阪市高速電気軌道の愛称を「Osaka Metro」に決定し、併せてビジとュアルシンボルとなるロゴも決定したと発表しました。

地下鉄新会社ブランドを、お客さまをはじめ皆様に覚えていただけるよう、愛称やロゴを2018年(平成30)年4月1日から、広く展開していくようです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Osaka Metro

ブランドコンセプト

”走り続ける、変わり続ける。”

 

「走り続けるために、変わり続ける。(Change to Run)」と「走り続けながら、変わり続ける。(Run and Change)」の二つの意味を持たせ、新会社のめざす方向性を示しています。

 

 

愛称

 

「Metro(メトロ)」の語源は、首都や大都市を表す「metropolis(メトロポリス)」ですが、世界の主要な都市の「地下鉄」を表す言葉として世界的に認知された名称で、多くの国・都市で使用されています。
今後の大阪のさらなる国際化を見据え、グローバルスタンダードである「Metro」を愛称に取り入れることで、「名立たる世界の大都市の『Metro』と肩を並べるとともに、大阪らしい『Metro』になる。」という強い決意を込めました。

 

ロゴ

 

「Metro」の「M」の中に「Osaka(大阪)」の「O」を内包し、螺旋状の動きのあるフォルムで、「走り続ける」エネルギーや動力・推進力を表しました。
色は、深く鮮やかな青をメインに用いることで、安全・安心の印象を想起させるとともに、エネルギッシュな大阪のまちや、走り続ける活力をイメージしました。
また、動くシンボルマークとして、「マーク=平面の図形」という概念を打ち破る「チャレンジ精神」を表し、新会社がめざす「走り続ける」「変わり続ける」姿を象徴化しました。

「Osaka(大阪)」の「O」を内包する「Metro」の「M」

シンプルですが親しみがわくロゴですね。

 

 

コーポレートスローガン

新会社のスタート時点であるからこそ、お客さまにも社員にも新会社がめざす方向性をしっかりと示すことに重点を置き、あえてブランドコンセプトと同じ言葉をコーポレートスローガンとしました。
「これからも『走り続ける』こと、そして、ニーズや時代の流れに合わせて『変わり続ける』こと」を宣言し、約束する強い決意を込めました。

 

 

民営化で変わること

 

基本的なことはすべてそのまま引き継がれます

 

 

 

最後に

大阪市営交通局110年の歴史の終止符がいよいよ近づいてきました。

「コマル」のロゴ以外は民営会社に引き継がれるので、使う限りいつもと変わりはないでしょう。

交通局改革によって、とくにトイレが綺麗になったことは、利用者にとって嬉しいことです。その他エキナカ、なんば駅改造、ホームドア設置と改革以前とは見違える鉄道路線になったと思います。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

]

-鉄道
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

大阪環状線を象徴するオレンジ電車「103系」が10月3日引退、京都で展示

大阪で48年間走ったオレンジ色の電車、大阪環状線103系がラストラン! ついに引退を迎えます! 1969年から約48年間、約9億5,000万キロ、大阪環状線を走り続けてきたオレンジ色の103系電車も残 …

なにわ筋線JR、南海に阪急も乗り入れへ!4駅新規着工し2031年開通!

関西国際空港へのアクセス鉄道となる新路線「なにわ筋線」の建設計画の概要がまとまり、大阪府、大阪市、JR西日本、南海電鉄の4者が合意しました。建設中の北梅田駅を含め4駅を新設。総事業費3300億円を見込 …

きんてつ鉄道まつり2017!「五位堂・高安会場」体験、事前申込の即売会

鉄道ファンなら待ち遠しい秋がやってきました。 関西鉄道各会社は「鉄道の日」にあわせ鉄道祭りを開催します。 その中でも開催規模が大きい「きんてつ鉄道まつり」 2017の日程、場所、イベント、事前申込、整 …

SL「デゴイチ」D51が和歌山有田川鉄道公園で乗車体験と運転体験を実施、運行日

「シュッシュポッポ、シュッシュポッポ」   昭和50年に引退して以来、日本各地で静態保存されている、SLを整備して観光列車として走らそうという動きが増えてきました。 このSLといわれる蒸気機 …

近鉄観光特急「しまかぜ」の発売日、予約のコツ|個室料金、運行日、時刻表

近鉄沿線内の大阪難波、近鉄名古屋、京都から賢島を結ぶ観光特急「しまかぜ」 運行から4年たつ今もかなりの人気で、個室やサロン、特定の指定券を買うのはなかなか難しいと言われています。 人気観光特急「しまか …