ろぶの朱印帳3冊目

楽しいこと美味しいものを中心に、日常的または非日常的な風景をこの朱印帳に書き留めています

競馬

東海ステークス2018|出馬表|うまンchu(うまんちゅ)メンバー予想

投稿日:01/19/2018 更新日:

2月のG1フェブラリーステークス(東京1600m)の前哨戦になる東海ステークス

1月に移設された2013年以降は1番人気が3勝、3着2回と、人気馬が軸を果たす傾向にあります。ただ相手は人気薄の馬もくるのでそこは抑えておく必要があるでしょう。

概要、出馬表にうまンchu(うまんちゅ)メンバー予想も土曜深夜に追加します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

第35回東海テレビ杯東海ステークス(GII)

2018年1月21日(日)  1回中京4日  15:25発走

ダート・左 1800m サラ系4歳以上 オープン (国際)(指定) 別定

本賞金:5500、2200、1400、830、550万円

 

出馬表

 1  1  ローズプリンスダム  牡4  55  木幡 巧也
 2  シャイニービーム  牡6  56  中谷 雄太
 2  3  モルトベーネ  牡6  56  秋山 真一郎
 4  サルサディオーネ  牝4  53  丸山 元気
 3  5  サンマルデューク  牡9  56  岡田 祥嗣
 6  コスモカナディアン  牡5  56  丹内 祐次
 4  7  タガノエスプレッソ  牡6  56  北村 友一
 8  テイエムジンソク  牡6  56  古川 吉洋
 5  9  ディアデルレイ  牡7  56  勝浦 正樹
 10  オールマンリバー  牡6  56  藤岡 康太 西
 6  11  アスカノロマン  牡7  56  太宰 啓介
 12  ドラゴンバローズ  牡6  56  和田 竜二 八て
 7  13  サングラス  牡7  56  酒井 学
 14  ゴールデンバローズ  牡6  56  松山 弘平
 8  15  クインズサターン  牡5  56  池添 謙一
 16  ショウナンアポロン  牡8  56  丸田 恭介

 

 

有力馬

テイエムジンソク

2着、3着と大崩れはしないが、勝ち切れないレースが続きましたが、昨年はG3みやこステークスを含む4勝、前走G1チャンピオンカップは惜しくも2着と、今や一線級の活躍。

このレースも中心になるでしょう。

 

ディアデルレイ

ここ2戦福島民友C、師走Sとオープン特別を連勝。

昨年春のG3マーチステークスを2着と重賞制覇に近い馬です。

 

モルトベーネ

昨年の2着馬。

昨年は人気薄での競馬で波乱を起こしましたが、その後G3アンタレスSで重賞初制覇。実力もつけてきています。

ただ、ここ2走の大敗が気になります。

 

 

うまンchu予想

八光     ドラゴンバローズ

西代     オールマンリバー

岩部     シャイニービーム

浅越ゴエ   テイエムジンソク

てつじ    ドラゴンバローズ

こいで    ゴールデンバローズ

山内     ローズプリンスダム

お兄ちゃん  タガノエスプレッソ

 

最後に

うまンchuメンバーの予想も割れるくらいの混戦です。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

]

-競馬
-, , , ,

執筆者:

関連記事

2018天皇賞(春)アンカツ予想、うまンchu(うまんちゅ)芸人予想、天童なこ

昨年は人気のキタサンブラックが期待通りに快勝した天皇賞(春)は、今年も淀の外回り3200mが舞台です。 長距離なので、適正、実績でほぼ上位馬が読めるレースですが、ときおり驚くような馬が勝つこともあり、 …

2020スプリンターズステークスうまンchuアンカツ&芸能人予想|グランアレグリア

秋のGⅠ第1戦はスプリント王決定戦、スプリンターズステークス 高松宮記念を勝ったモズスーパーフレア、同2着で安田記念でアーモンドアイを破ったグランアレグリア、1200m重賞6勝のダノンスマッシュなど強 …

2018京都記念|うまンchu(うまんちゅ)芸人予想と出馬表|共同通信杯

最強4歳世代が勢揃い! ダービー馬、皐月賞馬、秋華賞馬、エリザベス女王杯馬に菊花賞2着馬と実力馬ばかり。 それぞれのステップレースではありますが、負けられない1戦。 出馬表、有力馬とうまンchu(うま …

2018秋華賞アンカツ&うまンChu芸人予想と出馬表|天童なこ|アーモンドアイ三冠

昨年の秋華賞はオークス馬ソウルスターリングが天皇賞に向かうため不出走になり混戦模様となりました。 レースは3番人気の紫苑ステークス勝馬ディアドラが後方から差し切り最後の1冠を制しました。 出馬表と土曜 …

2017マイルチャンピオンシップ、うまンchu(うまんちゅ)アンカツ予想も追加

昨年のマイルCS勝馬ミッキーアイルは引退。昨年の上位馬はイスラボニータとサトノアラジンが出走します。 毎年、マイル、短距離のスペシャリストが揃う混戦のマイルCS、今年も3歳勢を含め新興勢力と実績馬の対 …