ろぶの朱印帳3冊目

美味しいもの楽しいことを中心に、日常的または非日常的な風景を朱印帳に書き留めています

道路

神戸淡路鳴門自動車道「淡路島中央スマートインターチェンジ」が開通します

投稿日:

本州四国連絡高速道路および兵庫県洲本市は、淡路島中央スマートICが、2018年2月17日(土)に開通すると発表しました。

スマートインターチェンジですので、ETC車載器を搭載した車両が対象になります。

開通日時、場所、開通効果などについてまとめました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

淡路島中央スマートインターチェンジ

淡路島中央スマートインターチェンジは、兵庫県洲本市中川原町市原の神戸淡路鳴門自動車道に開通予定のスマートインターチェンジ。現地には以前より中川原バスストップがあります。

位置は神戸淡路鳴門自動車道の津名一宮ICから7.9km、洲本ICから4kmの洲本市中川原町に設置されます。

従来のSA・PA併設型ではなく、本線直結型のスマートインターチェンジとなります。

位置図

 

開通日

2018年2月17日(土)15時

 

対象車両・方面

車長12m以下のETC車載器を搭載したすべての車種に対応。

24時間、全方向(神戸方面、鳴門方面の出入り)で利用が可能です。

本線直結型スマートIC

 

通行料金

垂水~淡路島中央 平日1,750円 休日1,590円(普通車)

鳴門~淡路島中央 平日1,200円 休日820円(普通車)

 

 

整備効果

・高速道路の利便性向上
・高度な医療サービスへのアクセスの改善
・観光資源へのアクセス向上
・企業立地の増加

 

高速道路の利便性向上

淡路島中央スマートICの整備により、神戸(垂水JCT)~洲本市中心部が約5分四国(鳴門北IC)~洲本市北部及び西部間が約5~8分の移動時間の短縮が見込まれます。

 

 

高度な医療サービスへのアクセスの改善

島内唯一の3次救急病院である県立淡路医療センターへの淡路島北部方面からのアクセス時間が短縮(淡路市東浦からの搬送所要時間が約5分短縮)できることから、30分圏域の拡大による重篤患者の受入など、広域的な救急搬送の充実が図られます。

 

観光資源へのアクセス向上

高速道路からのアクセス性の向上により、観光客や交流人口の増加を促すとともに、中川原地域の自然環境や五色地域の史跡・伝統文化を新たに観光資源として活用することで、沿岸部と中山間地域をつなぎ、一体的に観光振興を行うことが可能となります。

洲本地区だけではなく、「ウェルネスパーク五色」などの五色地区へのアクセスが向上します。

 

企業立地の増加

高速道路へのアクセス性の向上により、企業誘致にも弾みがつくことが期待されます。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

]

-道路
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

三重県国道422号「三田坂バイパス」2018年2月全線開通!伊賀~信楽の移動が便利に

一部開通していた、三重県伊賀市三田、諏訪の両地区を結ぶ国道422号の「三田坂バイパス」(延長5・1km、幅7・5m)が2018年2月に全線開通します。 区間内の三田坂トンネルと8本の橋は既に完成してい …

[京都]新名神沿いに京都府初のプレミアムアウトレット!建設予定地と開業日は

こんなニュースがありました。 三菱地所、三菱地所・サイモンが地元砂利採取業者ら地元地権者らとの間で、優先交渉することで合意しました。 これにより城陽市東部一帯に広がる丘陵地を開発し、京都府初の大型アウ …

新名神高速道路の城陽JCT・IC~八幡・京田辺JCT・IC間が開通、効果は?

目次-Contents-新名神高速道路城陽JCT・IC~八幡・京田辺JCT・IC間開通時間まとめ関連記事 新名神高速道路 三重県四日市市から神戸市北区に至る高速道路。 新名神は名神高速の渋滞解消、災害 …

高松自動車道の津田寒川IC~高松東IC間が4車線化により対面通行が解消

高松自動車道は高松東ICから鳴門IC東の区間ほとんどの区間が対面通行で、重大事故や渋滞等が慢性的に発生しています。 これを解消するため、この区間全線にわたり4車線化工事が行われています。 このたび高松 …

大阪‐和歌山間の移動がこれで便利!第二阪和国道全通、深日町の渋滞も心配なし

目次-Contents-第二阪和国道第二阪和国道の位置第二阪和国道とは?開通前はどうだった?完成による効果は?開通日まとめ関連記事 第二阪和国道 第二阪和国道の位置   第二阪和国道とは? …