ろぶの朱印帳3冊目

楽しいこと美味しいものを中心に、日常的または非日常的な風景をこの朱印帳に書き留めています

鉄道

[D51]SL北びわこ号 2021年運転日と発売日、予約のコツ、時刻表、料金

投稿日:07/25/2019 更新日:

「SL北びわこ号」は、1995年に運転を開始した、湖北路北陸本線の米原駅~木ノ本間駅間を1時間弱で運行されています。

2019年春の「SL北びわこ号」はC56形160号機に代わり、D51形200号機「デゴイチ」がけん引して運転いたします。

SL北びわこ号の2020年運転日、時刻表、乗車券発売日、料金、予約のコツなどをまとめました。

※2021年の「SL北びわこ号」の運行は新型コロナの影響により、当面の間運行休止しております。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

SL北びわこ号

「SL北びわこ号」は、全席指定で予約開始と同時にほぼ完売する人気列車です。例年2月や10月、11月に運行されています。

2003年8月までは、米原~木ノ本間をおもに2往復(1往復の時もあり)運転していましたが、木ノ本駅には転車台が無かったため、先頭のSLを切り離し隣の線路から一番後ろに付け替える「気回し」をおこなって、バックのまま米原まで運行していました。

2018年に「デゴイチ」D51形200号機投入の影響により、「北びわこ1号」のみの運行になりました。

走行区間

北陸本線 米原駅~木ノ本駅間 (22.4キロメートル)

運転日

<春季運転>

(牽引:D51形200号機 「愛称名:デゴイチ」)

<夏季運転> 

 (牽引:D51形200号機 「愛称名:デゴイチ」)

<秋季運転>

(牽引:D51形200号機 「愛称名:デゴイチ」)

運転時刻

2021年現在は「SL北びわこ1号」のみの運行です。

<SL北びわこ1号>

米原駅(10時9分)発、木ノ本駅(10時52分)着

発着時刻(通過時刻)
米原発
10:09
長浜
10:22
虎姫
10:31
河毛
10:37
高月
10:45
木ノ本着
10:52

使用車両

機関車:D51形200号機 「愛称名:デゴイチ」

客車:12系客車5両

定員:424名(全席指定席)

料金・運賃

普通乗車券(運賃):米原駅~木ノ本駅間大人410円 

※普通乗車券のほかに指定席券:大人530円、子ども260円が必要です

予約日

1カ月前(前月の同じ日)の10時から、主な駅の「みどりの窓口」および、旅行会社で発売いたします。

※2017年9月30日にて、JR西日本の電話予約サービスの取扱いは終了しております。

イベント等

  • 車内では、当社社員がご乗車のお客様の写真撮影など、思い出作りのお手伝いをいたします。
  • 終着の木ノ本駅でもさまざまなイベントが開催される予定です。

まとめ 予約のコツ

運行日が休日のみの運行で、現在1往復のみの運転のため、指定券の取得がかなり取りにくくなっております。

1カ月前(前月の同じ日で30日前ではない)の10時から発売なので、当日の窓口の先頭に並ぶのが鉄則でしょう。

関連記事

SL「デゴイチ」D51が和歌山有田川鉄道公園で乗車体験と運転体験を実施、運行日

スポンサーリンク

スポンサーリンク

]

-鉄道
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

SL「デゴイチ」D51が和歌山有田川鉄道公園で乗車体験と運転体験を実施、運行日

「シュッシュポッポ、シュッシュポッポ」   昭和50年に引退して以来、日本各地で静態保存されている、SLを整備して観光列車として走らそうという動きが増えてきました。 このSLといわれる蒸気機 …

鉄道の日イベント!京阪、南海、近鉄、阪急、阪神各社の鉄道まつり2019

鉄道ファンには待ち遠しい秋がやってきました。 毎年秋、関西鉄道各社は「鉄道の日」にあわせて鉄道祭りを開催します。 鉄道の日は毎年10月14日です。 京阪、南海、近鉄、阪急、阪神各社の日程、場所、イベン …

〆切り間近!おおさか市営交通フェスティバル2017最後の大阪市交通局開催

毎年秋、関西鉄道各社は「鉄道の日」にあわせて鉄道祭りを開催します。 ちなみに鉄道の日は毎年10月14日です。 大阪市交通局は来年度から民営化しますので、これが最後の大阪市交通局開催になります。 おおさ …

きんてつ鉄道まつり2019!「塩浜会場」体験、即売会、洗車体験

鉄道ファンなら待ち遠しい秋がやってきました。 関西鉄道各会社は「鉄道の日」にあわせ鉄道祭りを開催します。 その中でも開催規模が大きい「きんてつ鉄道まつり」 2019の日程、場所、イベント、事前申込、整 …

C11[SL大樹]時刻表、編成、運行日|東武鉄道SL復活運転プロジェクト

東武鉄道が、「鉄道産業文化遺産の保存と活用」と日本有数の観光エリアの日光・鬼怒川エリアを中心とした新たな「地域の観光活力創出」を目指して、地域や各関係鉄道会社などの協力を得て「SL復活運転プロジェクト …