ろぶの朱印帳3冊目

楽しいこと美味しいものを中心に、日常的または非日常的な風景をこの朱印帳に書き留めています

仏像 建築物 文化財 朱印 神社仏閣

[奈良]興福寺国宝館、耐震化工事が終わり元旦にリニューアルオープン

投稿日:12/28/2017 更新日:

奈良市の興福寺で12月28日、国宝館が1年間の耐震改修工事を終え、関係者に公開されました。

阿修羅像を含む八部衆立像(奈良時代)など奈良、平安、鎌倉各期の仏像や名品、国宝10件と、重文8件を展示しています。

公開日、時間、アクセス、国宝館についてまとめました。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

興福寺国宝館

 

リニューアルオープン日時

2018年(平成30年)1月1日元旦 午前9時

 

 

開館時間

9時~17時(16時30分受付終了)

 

 

拝観料

大人700円、中高生600円、小学生300円

 

 

アクセス

近鉄「奈良駅」徒歩10分

JR「奈良駅」徒歩15分、奈良交通バス市内循環系5分「県庁前」すぐ

 

 

国宝館

興福寺国宝館は、僧侶が集団で食事をする食堂が建てられていた場所に、昭和34年(1959年)に鉄筋コンクリート造の耐火式宝物収蔵庫として建てられました。

食堂と細殿を連結して内部を一堂とした建物で、数多い仏像や寺宝を収蔵し、一般公開するための利便生を考慮して設計された、正面9間(35.3m)、側面8間(31.8m)の、本瓦(ほんがわら)葺き建物です。

地下には、旧食堂の奈良時代以降の遺構がそのままの形で保存されています。

館内には旧食堂の本尊千手観音菩薩像を中心に、興福寺の歴史を伝える絵画、仏像、工芸品、典籍、文書、歴史資料、考古遺物などが収蔵されています。
奈良時代の阿修羅像などの乾漆八部衆像乾漆十大弟子像梵鐘華原馨平安時代の銅造燈籠や火袋扉板彫十二神将像、鎌倉時代の木造金剛力士像木造天燈鬼・龍燈鬼像、さらに飛鳥の山田寺から運ばれた7世紀の銅造仏頭などの国宝や、その他重要文化財の木造阿弥陀如来像や木造薬師如来像、梵天像、帝釈天像なども安置されています。

 

 

 

最後に

1年間の耐震工事が終了した国宝館。どんな展示になっているのか楽しみですね。

国宝館のご朱印も1年ぶりにいただけます。

 

初心者にもわかる御朱印集め!人気の朱印帳、マナー、意味、寺社の御朱印

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

]

-仏像, 建築物, 文化財, 朱印, 神社仏閣
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

西国三十三所草創1300年記念特別拝観|2020年限定御朱印、月参り巡礼、スイーツ巡礼

2016年から2020年まで5年間にわたり、西国三十三所各札所では、普段は非公開のお堂や諸尊のご開帳、および庭の公開や寺宝の観覧などを行われています。 「西国三十三所草創1300年記念」各寺院の特別拝 …

京の冬の旅2020京都非公開文化財特別公開|期間、公開寺院の場所アクセス

2020年、令和になって初じめての、京都観光協会主催第54回「京の冬の旅」 テーマは「京都にみる日本の文化」   京都市内の寺院15ヶ所で、通常は非公開の文化財を期間限定で特別公開します。 …

「奈良」2017年秋の秘宝・秘仏公開、特別開帳(10月末~11月)

中期の続きになります 今年も秋を迎え普段非公開の仏像も、定期的に公開されたり、特別に公開される仏像などがあります。 おすすめや気になった仏像公開情報、期間、場所、拝観料をまとめてご紹介します。 「奈良 …

[大阪]うめきた2期は三菱地所や積水ハウス、阪急電鉄などに決定!公園中心の街に

  2018年7月12日にうめきた2期の開発に関するリリースがされました。   UR都市機構(独立行政法人都市再生機構)は、昨年12月から実施しておりました「うめきた2期地区開発事 …

「Corowaコロワ甲子園」全店舗、駐車場|2018年4月オープン|旧イオン、ダイエー甲子園

三菱地所は、兵庫県西宮市にある阪神電車「甲子園駅」前でリニューアル工事を進めている「旧イオン甲子園店(ダイエー甲子園店)」を「Corowa(コロワ)甲子園」として4月26日に、グランドオープンすると発 …