ろぶの朱印帳3冊目

美味しいもの楽しいことを中心に、日常的または非日常的な風景を朱印帳に書き留めています

競馬

チャンピオンズカップ2017、有力馬うまンchu(うまんちゅ)アンカツ予想も土曜追加

投稿日:11/30/2017 更新日:

2000年にダート国際招待競走「ジャパンカップダート」として、東京競馬場で「ジャパンカップ」の前日または同日に行われていました。

2008年からは1週繰り下げ阪神競馬場に移動。2014年からは「チャンピオンズカップ」に変更し中京競馬場1800mで開催しています。

今年は頭一つ抜けた馬はいませんが、強豪がそろい面白いレースになりそうです。

注目馬、土曜日にうまンchuアンカツ(安藤勝己元騎手)予想を追加します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

第18回チャンピオンズカップ(GI)

2017年12月3日(日) 4回中京2日 15:30発走

ダート・左 1800m  サラ系3歳以上 オープン (国際)(指定) 定量

本賞金:9700、3900、2400、1500、970万円

 

出馬表

 1  1  コパノリッキー 牡7  57  田辺 裕信
 2  ケイティブレイブ 牡5  57  福永 祐一  ゲキ
 2  3  ミツバ 牡4  57  松山 弘平
 4  ノンコノユメ セン5  57  C.デムーロ
 3  5  メイショウスミトモ 牡6  57  吉田 隼人
 6  モルトベーネ 牡5  57  秋山 真一郎
 4  7  ロンドンタウン 牡4  57  岩田 康誠  3
 8  グレンツェント 牡4  57  H.ボウマン
 5  9  ゴールドドリーム 牡4  57  R.ムーア
 10  キングズガード 牡6  57  藤岡 康太
 6  11  アウォーディー 牡7  57  武 豊
 12  カフジテイク 牡5  57  C.ルメール
 7  13  テイエムジンソク 牡5  57  古川 吉洋  本
 14  サウンドトゥルー セン7  57  大野 拓弥  対
 8  15  アポロケンタッキー 牡5  57  内田 博幸
 16  ローズプリンスダム 牡3  56  戸崎 圭太

 

 

有力馬

テイエムジンソク

5歳になって本格化してからは圧勝するレースばかり。

重賞初挑戦のG3エルムSでは2着に敗れたが、前走のG3みやこSでは再び圧勝。

距離は200m伸びますが、充実度からこなせるでしょう。

 

コパノリッキー

3年前のG1フェブラリーSを勝った古豪

7歳と高齢ですが、近走G1かしわ記念を勝って復調気配。今秋もG1南部杯で4馬身差の楽勝と絶好調!

初めての1200mが不安視されたG1JBCスプリントも頭差2着と元気いっぱい。

不安は過去3年、人気を集めて大敗しているところ。

 

サウンドトゥルー

昨年のG1チャンピオンカップの勝ち馬

6番人気と評価は低かったが、直線35秒台の脚を使い上位人気馬を一気に差し切り初G1タイトルを獲得しました。

一昨年も直線一気で3着に入っており、コーストの相性もいいです。

直前の交流G1JBCクラシックでも見事な差し切りを決めて調子も絶好!

 

ゴールドドリーム

デビューから3連勝しG3ユニコーンSも勝つなど、昨年のG1チャンピオンズC前までは7戦4勝2着2回3着1回と安定した成績でしたが、チャンピオンズカップでも2番人気に推されましたが大敗。

次のG1フェブラリーステークスでも2番人気推され、見事にG1初制覇。

続くドバイで大敗してから勝ちに結びつかず秋を迎えました。

体調が戻れば勝負になるはずでしょう。

 

ケイティブレイブ

今年のG1帝王賞(大井)の勝ち馬

おもに地方交流レースに出走し、ダートトップクラスと好勝負をしています。

小回りの中京なら勝負になるはず。

 

アポロケンタッキー

昨秋にはG3みやこSで初重賞勝ちし、勢いをつけて臨んだG1チャンピオンズCでは5着。

続くG1東京大賞典でG1初制覇。

今年はG2日本テレビ盃を勝っているが、他のレースは大敗しており安定感がないのが気になるところ。

 

最後に

古豪のアウォーディー、連勝中のロンドンタウンなどにも注目

 

うまンchu予想

アンカツ(安藤勝己)予想

本命   テイエムジンソク

対抗   サウンドトゥルー

3番手  ロンドンタウン

ゲキ推し ケイティブレイブ

 

うまンchuメンバー予想

八光    コパノリッキー

西代    ミツバ

岩部    サウンドトゥルー

浅越ゴエ  アウォーディー

てつじ   テイエムジンソク

こいで   ゴールドドリーム

山内    グレンツェント

お兄ちゃん アウォーディー

三浦大輔  テイエムジンソク

山本昌   テイエムジンソク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

]

-競馬
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

フェアリーステークス2018うまンchu(うまんちゅ)メンバー予想も土曜追加

お正月があけて仕事始めですが、競馬始めでもあります。 フェアリーステークスは、テレビ東京賞3歳牝馬ステークスが前身のレース。 2009年から1月の中山芝1600mになり、桜花賞へのステップレースとなり …

菊花賞2017、うまンchu(うまんちゅ)アンカツ予想も追加

昨年は皐月賞3着、日本ダービー2着の3歳3強で唯一クラシックを勝ってないサトノダイアモンドが、1番人気に応え快勝した菊花賞。その後有馬記念も勝ち一流馬の仲間入りしました。 距離は3000mで向き不向き …

きさらぎ賞&東京新聞杯2018|出馬表とうまンchu(うまんちゅ)メンバー予想

きさらぎ賞の主な勝馬にはスペシャルウィーク、ネオユニバース、ナリタトップロード、トーセンラー、サトノダイアモンドと錚々たる顔ぶれ。クラシックや古馬になってからも活躍する馬を輩出しています。 トーセンス …

2017天皇賞(秋)、うまンchu(うまんちゅ)アンカツ予想も追加

国内、海外G1勝馬が8頭と今年も豪華メンバーが出走する、第156回天皇賞(秋) やはり注目の的はG15勝のキタサンブラックですが、天候もありすんなり行くでしょうか。 ただ1番人気には信頼が置けるレース …

2017エリザベス女王杯、うまンchu(うまんちゅ)アンカツ予想も追加

昨年はクイーンズリングが連勝でG1を制しました。 傾向として、実力馬、秋華賞上位組あたりが順当に勝つレースですが、たまに低人気馬が大穴をあけるのも特徴。 注目馬と土曜日にうまンchuアンカツ(安藤勝己 …