ろぶの朱印帳3冊目

楽しいこと美味しいものを中心に、日常的または非日常的な風景をこの朱印帳に書き留めています

仏像 文化財 秘仏公開情報

「運慶展」東京国立博物館に国宝の仏像が集結!作品一覧、混雑情報、運慶学園

投稿日:09/18/2017 更新日:

興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」

鎌倉時代、それだけではなく時代を通じて最高の仏師「運慶」

一目見て引き込まれる力強い表情、躍動する肉体、対して極楽浄土に導かれるような優しい表情。

今回展示される運慶作の仏像すべてや、運慶に所縁ある康慶、湛慶など慶派の仏像を紹介します。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

「運慶」展

運慶作または運慶作の可能性が高い作品は、31体が現存するという説が一般的です(諸説あります)

今回「運慶」展では、運慶と縁の深い、興福寺の中金堂再建事業として企画し、同寺所蔵の運慶の作品が出品されます。

さらに東大寺、円成寺、六波羅蜜寺などの奈良、京都など近畿地方の寺、中部地方、関東地方にある寺から22体が集結することとなり、史上最大の運慶展が実現しました。

しかも、運慶の父子ら慶派仏師の仏像も多数出展され、全部で仏像74体を展示。
尋常ではない規模の仏像展となります。

 

運慶の仏像

展示予定の運慶作の仏像

・国宝 大日如来坐像(円成寺)

・国宝 無著菩薩立像(興福寺)

・国宝 世親菩薩立像(興福寺)

・国宝 毘沙門天立像(願成就院)

・国宝 四天王像(興福寺)

・国宝 八大童子立像のうち運慶作6体すべて(金剛峯寺)
(恵光童子、矜羯羅童子、制多伽童子、恵喜童子、清浄比丘童子、烏倶婆我童童子)

・重文 仏頭(興福寺)

・重文 大日如来坐像(真如園)

・重文 大日如来坐像(光得寺)

・重文 阿弥陀如来座像(浄楽寺)

・重文 阿弥陀如来坐像および両脇侍像(浄楽寺)

・重文 不動明王立像(浄楽寺)

・重文 毘沙門天立像(浄楽寺)

・重文 大威徳明王坐像(光明院)

・重文 聖観音菩薩立像(瀧山寺)

・重文 地蔵菩薩坐像(六波羅蜜寺)

国宝だけで14体、正直凄いです。

無著・世親菩薩を守るように四天王が展示しているなど、博物館ならではの展示ですね。

お堂などと違い、後ろからも観れるのも展覧会の魅力です。

 

おもな仏像

・国宝 天燈鬼・龍燈鬼立像(興福寺)康弁作

・国宝 重源上人坐像(東大寺)運慶作ではないかと言われています

・国宝 法相六祖坐像(興福寺)康慶作

・重文 地蔵菩薩坐像(瑞林寺)康慶作

・重文 四天王立像(興福寺)康慶作

・重文 毘沙門天立像、吉祥天立像、善膩師童子立像(雪蹊寺)湛慶作

・重文 十二神将立像のうち、辰神・巳神・未神・申神・戌神(東京国立博物館)

・重文 十二神将立像のうち、子神・丑神・寅神・卯神・午神・酉神・亥神(静嘉堂文庫美術館)

重文 阿弥陀如来坐像、観音菩薩坐像(長岳寺)10/29まで

やはり凄いです。

 

 

開催概要

会期

2017年9月26日(火)~11月26日(日)

 

開館時間

9:30~17:00 (入館は閉館の30分前まで) 

ただし、金曜・土曜および11月2日(木)は21:00まで開館

 

休館日:月曜日

ただし10月9日(月・祝)は開館

 

 

会場

東京国立博物館 平成館(上野公園)

 

アクセス

JR「上野」駅公園口・「鶯谷」駅南口より徒歩10分

東京メトロ銀座線・日比谷線「上野」駅、千代田線「根津」駅、京成電鉄「京成上野」駅より徒歩15分

 

観覧料金

一般1600円(1400円/1300円)

大学生1200円(1000円/900円)

高校生900円(700円/600円)

中学生以下無料

( )内は前売り/20名以上の団体料金

障がい者とその介護者一名は無料です。入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。

 

前売券

東京国立博物館正門チケット売場(窓口、開館日のみ、閉館の30分前まで)、展覧会公式サイト、ほか主要プレイガイド、コンビニエンスストア、JR東日本みどりの窓口、びゅうプラザ(一部取り扱いのない駅あり)、楽天チケット9月25日(月)まで販売。

 

オリジナルグッズセット券

龍燈鬼フィギュアセット券(2,000セット限定)
【価格】6,000円

もちもち邪鬼ポーチセット券(500セット限定)
【価格】3,000円

http://7ticket.jp/g/000794

 

その他特別前売り券はこちら

http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1862

 

 

混雑状況

平日も含め、連日待ちが出ているようです。

公式によると、土曜の18時から21時が比較的空いている模様です

※ 最終週は臨時で、平日も21時まで開館します

 

イベント

運慶学園

いつもこころに運慶を

運慶学園入試、運慶に関する授業、運慶に関する部活など、公式運慶応援サイト

http://unkei2017.jp/gakuen

 

仏像巡りスタンプラリー

下記3施設を巡り、すべてのスタンプを集めた方に抽選でプレゼント

興福寺 国宝特別公開「阿修羅ー天平乾漆群像展ー」

(3/18~6/18、9/15~11/19)

関連記事 http://rise-up.club/2017/09/narahibutu/

 

奈良国立博物館 特別展「快慶」

(4/8~6/4)終了しました

関連記事 http://rise-up.club/2017/04/asyurakaikei/

 

興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」

(9/26~11/26)

 

公式阿修羅フィギア 3名

興福寺精進ふりかけ 20名

運慶、快慶オリジナルグッズ詰め合わせ 80名

 

最後に

下記のツイートのようにフィギュアの仏像だけではなく、下で踏まれている邪鬼の表情もみどころです。

史上最大の運慶展、この秋東京で

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

]

-仏像, 文化財, , 秘仏公開情報
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

[京都]2017秋の京都非公開文化財特別公開|期間、場所と初公開おすすめ

平成29年11月1日より毎年春と秋の恒例、「第53回京都非公開文化財特別公開」が開催されています。 普段公開されない文化財の数々を拝見できるよい機会です。 公開場所、公開するもの、期間、住所、おすすめ …

西国三十三所草創1300年記念特別拝観、限定御朱印、月参り巡礼、スイーツ巡礼

2016年から2020年まで5年間にわたり、西国三十三所各札所では、普段は非公開のお堂や諸尊のご開帳、および庭の公開や寺宝の観覧などを行われています。 また、西国三十三所各寺院において、2017年1月 …

[奈良]2018年秋の秘仏公開!特別開帳おすすめ寺めぐりの公開日やアクセス(10月)

古い神社仏閣が数多くあり、歴史遺産の宝庫である奈良 秋になり通常非公開の仏像も、定期的に公開されるのもあり、期間限定で特別に公開される仏像などがあります。特別な御朱印もあるかも。 この秋の注目は興福寺 …

「奈良」2017年秋の秘宝・秘仏公開、特別開帳(10月末~11月)

中期の続きになります 今年も秋を迎え普段非公開の仏像も、定期的に公開されたり、特別に公開される仏像などがあります。 おすすめや気になった仏像公開情報、期間、場所、拝観料をまとめてご紹介します。 「奈良 …

[京都]二条城庭園年末年始公開2017-2018「西湖図」白書院の水墨山水図も

京都の世界遺産・元離宮二条城では、「京都ならではの年末年始」を堪能していただくため、二条城まつり「二条城庭園年末年始公開」を開催します。 あわせて、「築城400年記念 展示・収蔵館」では、第4期公開と …